安全なベビー用品の選び方について

その他

赤ちゃんの安全について

退院して自分の家に戻った後、赤ちゃんを安全に守ることは、第1位の優先事項です。 最も安全なベビー用品を選択することが重要な第一歩です。以下のものがあります。
ベビーベッドとマットレス
おむつ替え用テーブル
車の座席
ベビーカー
ベビーバスタブ
ベビーゲート
抱っこ紐とおんぶ紐
プレイペン/プレイヤード
おもちゃ
安全基準を満たす製品を常に選択してください。

一層の安全を求めて

ベビーベッドとマットレス:新しいベビーベッドとマットレスを購入するのが最適です。 1978年以前に作られたベビーベッドには鉛ペイントが付いていますので、中毒の危険があります。 中古のベビーベッドを購入している場合は、丈夫で、調整可能なサイドレールが付いていないベビーベッドを探してください。 2011年以前に作られたベビーベッドには、ドロップダウンサイドレールがあり、赤ちゃんがはまって窒息する可能性があります。 ベビーベッドは耐久性のある素材で作られていて、幼児が脱落したり、頭がスラットの間に閉じ込められたりするのを防ぐため、サイドスラットは5〜9.5センチを超えないものにしてください。
隙間がないよう、ベビーベッドにぴったり合うしっかりしたマットレスを選んでください。 ソフトマットレスは、突然の乳児死亡症候群(SIDS)の原因となる可能性がある。 SIDSは、1歳未満の赤ちゃんが眠ったまま死亡するという、突然の原因不明の死亡理由です。 マットレスの上部は、ベビーベッドのレールの上部から66センチにする必要があります。
新生児のバスケットや枕木(ベッドに付いているベッドサイドのバスケット)は、赤ちゃんの可動式のベッドですが、最初の数ヶ月を過ぎたら使用すべきではありません。 赤ちゃんと同じベッドで寝てはいけません。なぜなら、SIDSのリスクを高めるからです。 3歳までには、子供を普通のベッドに行かせる必要があります。
おむつ替え用テーブル:頑丈なテーブルを選択してください。 多くのおむつ替え用テーブルは、引き出しのあるチェストに付くテーブルトップになっています。 固定されていないおむつ替え用テーブルトップは安全ではありません。 安全ストラップはトッパーを所定の位置に保ちます。 安全アンカー設備を使用すると、胸部を壁側に固定し、赤ちゃんや幼児が落ちないようになります。折り畳み式のおむつ替え用テーブルは安全ではありません。
決して赤ん坊をおむつ替え用テーブルに放置せず、おむつやおしりふきのような物は自分の手の届くところに置いてください。しかし、赤ちゃんの手の届かないところに置いてください。
チャイルドシート:法律では、運転者は子供の年齢、体重、身長に合わせて設計されたチャイルドシートに子供を座らせる必要があります。
2歳までの赤ちゃんのための後ろ向きのチャイルドシート。
幼児や幼児向けの前方に向くチャイルドシート。
身長140センチ以下の学齢期の子供のためのブースターシート。
6歳以上かつ身長140センチ以上の子供は車のシートベルトを利用。

ウォーカー:ベビーウォーカーはすでに過去のものです。 研究によると、ウォーカーは乳児が歩くのを助けず、階段から落ちたり、プールに落ちたり、頭に何かを引っ張られたりする危険性に赤ちゃんをさらすので、怪我をさせる可能性があります。バザーで安く売却されるか、またはお下がりでもらうかもしれません。 買う必要はありませんので、アクティビティセンターで遊ばせてあげるなど、赤ちゃんにもっと楽しいものを提供するためにお金を使ってください。
ベビーカー:家から出るときはベビーカーが不可欠です。 選択肢は次のとおりです。
ジョギング用のベビーカーで、広い場所や屋外用に設計されているもの。
軽量で就学以下の子供のために設計されたアンブレラベビーカー。
前向き後ろ向きに入れることができる、コンビネーションベビーカー。
転倒を避けるために耐久性のあるベビーカーを選択してください。 欠陥のあるベビーカーは、倒れてあなたの子供の指、腕、そして脚を挟むことがあります。 ブレーキをチェックして、赤ちゃんが巻き込まれないようにしてください。 ベビーカーの安全ベルトとバックルをチェックして、ベビーカーに乗っている間、赤ちゃんが安全であることを確認してください。
ベビーバスタブ:赤ちゃんを安全に支える丈夫なプラスチック製の浴槽が最適です。 角度のあるデザインは、赤ちゃんが自分で座ることができないときに立たせておくのに役立ちます。 外側の滑りにくい素材は滑りを防ぎます。 中古のベビーバスを購入した、または借りた場合に、挿入されている発泡スチロール材等が壊れていたら交換してください。 発泡スチロールが子供の口に入り、窒息の危険にさらされる可能性があります。 また、赤ちゃんをお風呂に放置してはいけません。
ベビーゲート:ベビーゲートを使うと、階段、プール、キッチン、バスルーム、ガレージ、洗濯室、地下室など安全でない場所に赤ん坊が入れないようになります。 壁にしっかりと固定されたネジとブラケットを備えたゲートを使用してください。 ひし形のアコーディオンスタイルのゲートは使用しないでください。 子供は、これらのつなぎ目の間に挟まって重傷を負うことがあります。 圧力付きゲートまたは突っ張りゲートを使用しないでください。 これらのタイプのゲートは簡単に押し上げることができます。
ベビーキャリア、スリング、ラップ(抱っこ紐、おんぶ紐):これらの製品を使うと、赤ちゃんの安全を確保しながら、買い物をしたり、別の子供の手を繋いだりすることができます。 耐久性のある生地、安全ストラップで作られ、子供の年齢、体重、および成長に合わせて作られた高品質のキャリア、スリング、またはラップが最適です。 古い布や擦り切れたストラップを使うと、重大な転倒の危険性を高めます。 赤ちゃんがキャリア、スリング、またはラップをしたまま眠らないようにしてください。 それはSIDSのリスクを高めます。 ガイドラインでは、赤ちゃんが成長するにつれて、顔を引っ込めるのではなく出すように推奨しています。キャンプやアウトドア用にデザインされた金属フレームのバックパックキャリアを使用している場合、赤ちゃんを地面に置いたときに折りたたみ式のキックスタンドが開いたままになっていることを確認してください。
プレイペンとプレイヤード:プレイペンは、ベビーベッドが利用できない場合、赤ちゃんや幼児を置くための安全な場所を提供します。 ストリングネットではなく、通気性のあるナイロン製の壁になっている、プレイペンとプレイヤードを探してください。 子供の頭が穴に引っかかった場合、古いプレイペンのネット紐で、子供の首が絞められることがあります。 四隅が所定の位置にロックされていることを確認してください。 これは子供の上に倒れてくるのを防ぎます。
おもちゃ:子供の年齢と能力レベルに合わせて設計されたおもちゃを選択してください。 新旧のおもちゃのどちらにも窒息の危険があります。 パッケージの指示書には、窒息や中毒の可能性など、年齢や安全性に関するガイドラインが記載されていなければなりません。 お子様が口に電池を入れないように、電池カバーがしっかりと閉まっていることを確認してください。窒息して中毒になる危険があります。
多くの幼児の事故や怪我は防ぐことができます。 現在の使用しているベビー用品の安全上の危険性について医師に相談してください。 製品リコールのウェブサイトをチェックしてください。 以前に使っていた製品、特に5年以上前の製品は避けてください。 友人や家族に悪気はなくても、安全指針が速く変化するのを理解していないかもしれません。

医師に質問すべき事項

ベビー用品のリコールを確認するには、どこから情報を選らばよいですか?
安全上の懸念から、推奨しない製品はありますか?
急性幼若症候群(SIDS)の危険因子は何ですか?

関連記事一覧