手術後の切開部のケアについて知っておきたいこと

治療方法

包帯は取りますか?

包帯は手術の翌日に取らなければならず、医師から毎日包帯を交換するよう指示されるかもしれません。 大部分の創傷は数日後に包帯が必要なくなりますが、その後も切開部を保護するために包帯を着用することがあります。

切開部が赤いです。正常ですか?

手術後の切開部の端は、わずかに赤いかもしれません。 赤くなるのは正常ですが、赤みが増した場合や、傷から1センチ以上広がる場合は医師にご相談ください。切開部に膿がみられたり、軽い圧痛や痛みがある場合も同様です。
切開部に抗生物質クリームを塗るよう指示をうけるかもしれません。 処方箋なしで抗生物質クリームを買うことができます。

切開部が出血した場合はどうすればいいですか?

包帯に血が染みてきた場合は、乾いたガーゼやほかの包帯と換えてください。 切開部に数分間直接圧力をかけると、通常は出血が止まるでしょう。 圧力をかけても出血し続ける場合は、医師に連絡してください。

切開部を乾燥した状態に保つ必要がありますか?

最初の24時間は切開部をきれいにして乾燥させてください。手術した当日のシャワーや入浴は避け、体は精拭してください。 ほとんどの場合2日目には石鹸と水で洗っても問題ないでしょう。 切開部に縫合糸や医療用テープがあれば、入浴はせずにシャワーを浴びてください。 静かに洗った後、切開部を乾燥させます。

縫合糸はとれますか?

体内の縫合糸は体に徐々に吸収されるので、除去する必要はありません。 組織に吸収されないものは医師により抜糸されます。部位と治癒の速度によりますが、通常、手術後3日から3週間後には除去されます。
医師は、抜糸した後に医療用テープを貼ることがあります。 医療用テープは創傷をその後も保護します。 テープは3〜7日後に取り外すことができます。 皮膚が力の大部分を取り戻すためには、数ヶ月かかるでしょう。

活動を制限すべきですか?

切開部周囲の部位の動きを制限するなら、治癒力が向上します。切開部を広げる可能性のある動作は避けてください。 医師は、手術後最初の1ヶ月間は、物を持ち上げることや、筋肉を伸ばしたり、トレーニングやスポーツをしないように指示するかもしれません。 切開部が広がった場合は、医師に連絡してください。

日光に当たることを避けるべきですか?

日焼けすると治癒の傷跡は黒くなり、目立つようになります。 手術後最初の6ヵ月間は日光に当たることを控えてください。 日中に屋外に出るときは、傷跡をテープや日焼け止めで覆ってください。

関連記事一覧