BRATダイエット:胃腸の病気から回復する

お腹

BRATダイエットとは何ですか?

BRATダイエットは、大人と子供に推奨される控えめな食生活です。 BRATは、B=バナナ、 R=ライス、A=アップルソース、 T= トーストの略です。 BRATダイエットは、以下の理由により、胃のむかつきや下痢の回復に役立ちます。
・便秘性の食品
これらは、便を固くするのに役立つ低繊維食です。
・バナナ
カリウムが多く、嘔吐や下痢のために体が失った栄養素を補います。
最近、胃のむかつきや下痢があった場合は、食事を制限して胃を刺激しない柔らかい食品にするように医師が指示することがあります。

いつ私はBRATダイエットに従うべきですか?

下痢や嘔吐の後は、BRATダイエットを行うことで、体が通常の食生活に戻るのを助けます。 また、この食事療法は妊娠中の女性が経験する嘔吐(つわり)を緩和するのにも役立ちます。
BRATダイエットには、他の刺激のない食品を加えることができます。 たとえば、塩味のクラッカーや茹でたジャガイモまたはコンソメスープです。下痢や嘔吐の後すぐに乳製品や甘いもの、脂肪の多い食品を食べないでください。 これらの食品は吐き気や下痢を引き起こす可能性があります。

BRATダイエットを行っていけないのはどんなときですか?

BRATダイエットで摂取する固形食品は、 激しい嘔吐のある場合にはお勧めできません。 かわりに、コンソメスープから始めて、嘔吐することなく固形物を食べられるようになるまで待ってください。 嘔吐や下痢がある場合は、電解質飲料(スポーツドリンク)を飲むことで脱水症状を防ぐことができます。 医師の指示に従ってこれらを使用してください。

BRATダイエットを行う期間はどれくらいですか?

大人、子どもを問わず、健康的な食生活に必要なすべての要素を持っていないため、BRATダイエットは短期間にしなくてはなりません。 BRATダイエットを続けすぎると、体が多くの必要な栄養素を十分に得られないため栄養失調になることがあります。栄養失調になれば、体調が回復することが難しくなります。
果物や野菜を含む通常の食事は、嘔吐や下痢を起こしてから約24〜48時間経過後に食べ始めることができます。
ご自身や子供がBRATダイエットを行うかどうか、質問がある場合は、主治医に相談してください。

関連記事一覧