学習障害を持つ人の体重管理

その他

すべての人にとって健康的な体重であることは重要です。体重を増やしたり、減らしたりする必要がある学習障害のある人の介護をしている人のために、役立つ方法があります。

学習障害があると、新しい情報を理解したり、新しいスキルを習得したり、コミュニケーションをとったりすることが難しくなります。
学習障害を持つ人の中には、健康的な体重維持が困難な人もいて、食生活や栄養、調理、定期的な身体活動に関する情報やアドバイスを理解する助けを必要としている場合があります。
学習障害慈善団体Mencapは、学習障害を持つ人は、体重不足または過体重になる可能性が高いと言います。深刻な複数の学習障害を持つ人は、摂食不良や嚥下障害のために低体重であることが多く、他方で、健康的な食事や生活習慣の選択に必要なサポートを得ていないために太りすぎの人もいます。
場合によっては、学習障害は、過体重や身長に影響を及ぼすダウン症候群、食欲不振の原因となるプラダー・ウィリー症候群などの他の病気と関連している場合もあります。これらの要因は、特に体重管理を困難にする可能性があります。
学習が困難な人を介護する場合は、健康的な体重維持に役立つことを考えることが重要です。体重不足または過体重は、重大な健康上の問題のリスクを上昇させ、生活の質に影響を及ぼす可能性があります。

体重をチェックする

体格指数(BMI)は、身長に対して健康的な体重であるかどうかを判断する最も一般的な指標です。
しかし、障害のある人の体重をチェックするには、BMIを使用するだけでは十分でない場合があります。例えば、体重や身長に影響を与える健康状態があるかもしれません。この場合、かかりつけ医に相談してください。

できること

エレイン・ガードナーは、学習障害のある人やその介護者との仕事経験がある栄養士です。
エレインは、介護している人のライフスタイルと、どうすれば健康的でバランスの取れた食事を促進し、必要に応じてより多くの身体活動を含むライフスタイルに変更できるかということについて考えることが重要であると述べています。彼女はしっかりコミュニケーションをとることが重要だと言います。
「学習障害を持つ人の生活はさまざまです。ときどき介護士の助けを借りて一人で生活している人もいれば、介護者と一緒に暮らしている人もいます。」とエレインは言います。
「状況がどのようなものであっても、介護している人とやり取りするときに、健康的な選択を促すための情報とサポートを提供することは非常に重要です」

改善する

介護している人の体重が気になる場合は、座って話す時間を設けてください。
学習障害者、介護者、介護士で会話をすることは、生活習慣の変化を起こす良い方法です。
また、異常な体重減少や体重増加に関連する可能性のある根本的な医学的問題を調査するよう、かかりつけ医に依頼する必要があるかもしれません。

健康的な食事
エレインは、以下の状況でどのように食生活の変化を起こすことができるかを提案しています。
・食べ物を買う。介護している人が食べ物や飲み物の買い物リストを作る手助けをしてください。自分で買い物をし、読解に問題がある場合、リストに写真を使用することは役に立ちます。毎週買い物に行く時間を設定し、健康的な選択を促してください
・自宅での料理。介護している人のための料理スケジュールを作成してください。必ず健康的な食事が含まれるようにし、必要に応じて、規則正しく健康的な食事を確実にとれるように、食事の時間の前後でサポートするようにしてください。介護している人の健康的な食事を計画して作るのに役立つ手段については、以下を参照してください。
・食間。介護している人が、おやつを購入するときに健康的な選択をするように促してください。たとえば、ビスケットを果物に変えてください
・外出する。介護している人がレストランや食堂で定期的に食事をすることがある場合、メニューから健康的な選択をするように促してください
・記録をつける。介護している人が規則正しい食生活をしていないと感じたら、食習慣の実態を確立するために、食べた物と廃棄物の記録をつけるようにしてください。

体重を増やすためにエネルギー摂取量を増やす必要がある場合、一人前の量を増やすことが1つのステップになります。しかし、食欲がなく、量を増やせない場合は、食事を補うためにカロリー豊富な食品や飲み物を与えたり、短期間で食事を強化(必須の栄養素を追加)することが適切な場合があります。しかし、まず、健康専門家の助言を得て、個人のニーズが満たされていることと適切な栄養計画が立てられていることを確認してください。
体重不足の子どもや低体重の大人のためのアドバイスを受けてください。

身体活動
エクササイズは体重を管理する上で重要です。それは、体重を減らす必要のある人がカロリーを燃焼させるのに役立つからというだけでなく、体重を増やす必要のある人の食欲を刺激することもできるからです。
どうやって介護している人の日常生活により多くの身体活動を取り入れますか? エレインは興味のある活動について話すことを提案しています。定期的な身体活動のスケジュールを立て、必要に応じてサポートし、確実にそれを実行することについて考えてください。
介護している人が十分な運動をしていることを確認するために、推奨される身体活動ガイドラインを確認してください。例えば、19〜64歳で車で移動する人は、毎日活発に過ごし、毎週サイクリングや速めのウォーキングなどの中強度の有酸素活動を少なくとも150分(2時間30分)するように試みるべきです。

より多くのサポートを受ける

介護している人の体重を管理するのに役立つサポートがもっと必要な場合は、一緒にかかりつけ医に行ってください。
「学習障害を持つ人は、かかりつけ医で毎年健康診断を受けなければなりません。体重が心配な場合は、予約してください。」とエレインは言います。
「かかりつけ医は身体活動と健康的な食事について助言することができます。学習障害を持つ人や介護者のための支援プログラムがあり、健康的な体重維持の方法を教えている地域もあります。かかりつけ医は、その地域で利用可能なものを知っていて、紹介してくれるでしょう。」
介護している人が太りすぎの場合は、利用可能な地域の体重管理サービスがあるかどうかをかかりつけ医に尋ねてください。このサービスは以下の手助けをすることを目的としています。
・持続可能な減量
・さらなる体重増加の制限
・規則正しい食事パターンを身につける
・バランスのとれた食事を実現する
・より身体的に活発になる
・過食および一人前の量を減らす
・新しい長期的なライフスタイルスキルを学ぶ
サービスを利用したい人は誰でも、資格を持った体重管理アドバイザーによって検査され、サービスへの適性と好みが判断されます。学習障害のある人にとっては、1対1のプログラムが利用可能かもしれません。

関連記事一覧