栄養補助食品について知っておきたいこと

その他

栄養補助食品とは何ですか?

栄養補助食品は、健康や健康を改善するために取るビタミン、ミネラル、またはハーブです。 これらのサプリメントは、米国食品医薬品局(FDA)の健康強調表示が承認されていない限り、一般的に病気や病状を治癒または治療するためのものではありません。
ビタミン、ミネラル、および栄養補助食品。ビタミンやミネラルは、微量栄養素とも呼ばれ、体に栄養を与え、健康を保つのに役立ちます。 毎日の食事の中でさまざまな食べ物を食べることによって、微量栄養素のほとんどを得ることができます。 食事から微量栄養素を取り入れれば確実に、体はそれを適切に吸収することができます。
果物、野菜、赤身肉、魚などの様々な健康食品を食べないと、体に必要な微量栄養素をすべて得られないことがあります。 マルチビタミンやサプリメントが役立つかもしれません。 以下はマルチビタミンやサプリメントの摂取が有効な人です:
動物製品を全く食べないベジタリアン(ビーガン)
妊娠している、或いは妊娠する予定の女性
授乳中の女性
重い月経を経験する女性
閉経を経験した女性
体重減少の目的で胃バイパス手術を受けた人
胃腸疾患、乳糖不耐症、食物アレルギーなど、食物の消化に影響する病状を有する人々
胃、肝臓、膵臓、または胆嚢の病気を持つ人々
マルチビタミンの服用が癌や心血管疾患のリスクを軽減するという最新の証拠はありません。

何が欠乏しているのでしょう?

米農務省(USDA)によると、成人のアメリカ人は以下の栄養素を十分に摂取していない可能性があります:
栄養素 推奨日量(RDA)
カルシウム 1,000ミリグラム(mg)
カリウム 4,700 mg
ファイバ 女性25グラム(g)
男性38グラム
マグネシウム 女性320 mg
男性420 mg
ビタミンA 女性2,310国際単位(IU)
男性3,000IU
ビタミンC 女性75 mg
男性90mg
ビタミンE 15 mg
栄養素 推奨日量(RDA)
カルシウム 1,000 mg
1,200 mg – 女性> 51歳
1,200 mg – 男性> 70歳
葉酸塩 400 mcg
鉄 8 mg
18 mg – 女性(19-50歳)
ビタミンB12 2.4 mcg
ビタミンD 600IU
800 IU – 男性と女性> 70歳

その他の栄養補助食品

ありとあらゆる栄養補助食品が入手可能です。 どんな症状も治療してしまうと謳うものもあります。 しかしこのような広告は大抵の場合、その主張を裏づける信頼性の高い証拠を欠いています。最も人気のあるサプリメントとして、グルコサミンとコンドロイチン硫酸、プロバイオティクス、消化酵素、エキナセア、コエンザイムQ10(CoQ10)、ニンニク、イチョウ、人参、カバ、メラトニン、植物エストロゲン(ブラックコホッシュ、ドンクイ、ダイズなど)、ソーパルメット(ノコギリヤシ)、セントジョンズワートがあります。
サプリメントの選び方、使い方
どんな栄養補助食品も、服用を始める前に医師に相談する。
医師の指示が無い限り、ラベルに推奨されている服用量を超えた使用をしてはならない。
成分リストを読んで、ほかにどんな補足成分があるのか確認する。
サプリメントが「自然由来」のものだという宣伝文句は、安全性を保障するものではない。
医師には、服用中のすべてのサプリメントを必ず伝えましょう。サプリメントはほかの薬と反応する可能性があります。

栄養補助食品を摂取すべきか否かを知るために

食事中にビタミンやミネラルが十分に得られないことが懸念される場合は、必要な微量栄養素を得る方法について医師に相談してください。 あなたの 全体的な健康状態と、食事に欠けているビタミンやミネラルに応じて、医師が栄養補助食品を提案するかもしれません。 新しいサプリメントを摂る意思がある場合は、なぜそれを摂取したいのか、それによって身体へのどんな効果を望んでいるのかを医師に伝えてください。
ビタミンEとベータカロチンが豊富な食品は非常に健康的であり、癌リスクを軽減させるのに有効ですが、USPSTFと米国家庭医学会(AAFP)は循環器疾患の予防を考慮しビタミンEまたはベータカロチンの摂取に反対しています。 喫煙や肺がんのリスクが高い人は、肺がんの危険性を高める可能性があるため、ベータカロチンを使用しないことが推奨されます。
栄養補助食品が、既に発症している症状に影響を与える可能性、及び服用中の処方せん薬や市販の店頭薬(OTC)と反応する可能性については、医師から話を聞きましょう。サプリメントは、出血や麻酔の問題を含む癌の治療や手術にも問題を引き起こす可能性があります。

サプリメントはどれくらい安全ですか?

米国FDAによって規制されている処方薬およびOTC医薬品のすべての製造業者は、製造の際に高品質基準に従っています。
栄養補助食品界では、 米国薬局方(USP)条約の品質基準に従っているメーカーもあります。 USP品質基準に従う栄養補助食品のメーカーは、サプリメントの販売以前に第三者企業による品質と純度の検査を受けています。 これらのサプリメントは多くの場合、「USP Verified」や「ConsumerLab.com Approved Quality」など、追加で品質保障情報をラベルに表示しています。
慎重にサプリメントを選択し、質問がある場合は、主治医や薬剤師に相談してください。
ビタミン、ミネラル、および栄養補助食品は、過剰に摂取しない限り、一般的に安全と考えられています。 これは、脂溶性ビタミンAとEの場合に特に当てはまります。(もしあれば、)推奨される1日当たりの服用量を確認し、摂り過ぎに注意しましょう。
ハーブは長年にわたって摂取されていますが、純粋でないハーブ・サプリメントもあります。 病気を引き起こす可能性のある成分を含みつつ、それが非表示となっている場合もあります。 ステロイドやエストロゲンなど、ラベルに記載されていない薬が含まれていることもあります。それどころかこれらの製品の中には、ヒ素、水銀、鉛、農薬などの毒性(毒性)物質をも含んでいるものがあるかもしれません。販売後に危険な成分が発見された場合は、サプリメントを回収される必要があります。
医師が指示する場合を除いて、ラベルの推奨用量よりも多くの栄養補助食品を服用してはなりません。 ビタミン、ミネラルまたはハーブサプリメントを過剰摂取すると、望ましくない、或いは危険な副作用が引き起こされる可能性があります。
このコンテンツは、NatureMade®の一般的な引受支援によって作成されました。

医師への質問

栄養補助食品が必要かどうかは、どのようにして判断できますか?
服用量はどのようにして知ることができますか?
どのような栄養補助食品が私にとって有益でしょうか?
ビタミンは健康補助食品と考えられていますか?
栄養補助食品は私がすでに食べている食品や医薬品と反応する可能性はありますか?
栄養補助食品が副作用を引き起こす可能性はありますか?
摂取中の栄養補助食品が検査結果に干渉することはありますか?
どのくらいの頻度で栄養補助食品を摂取すればよいですか?
栄養補助食品は安全ですか?
「自然由来の」栄養補助食品はより安全ですか?
どのような人が栄養補助食品の摂取を控えるべきですか?

店頭には非常に多くの栄養補助食品が並んでいます。 自分に最適なものがどれなのかを知るにはどうすればいいですか?

関連記事一覧