学校における試験のストレスに打ち勝つには

その他

1. 試験のストレスに気をつける

試験のストレスの兆候を見つけてください。ストレスを受けた子どもたちには、苛立ちがあり、よく眠れず、食欲を失い、心配したり、うつ状態になったりネガティブに見えることがあります。頭痛や腹痛はストレス関連で起きることもあります。
子供が話し相手を持つことは助けになります。親、家庭教師、または勉強仲間からのサポートは、子供たちが心配を忘れ、物事を秩序立てるのに役立ちます。
子どもがストレスに対処できていないと感じたら、子どもの学校の先生に相談してください。

2.試験時間中に子どもが健康的に食べるようにする

子どもの健康にはバランスのとれた食事が不可欠であり、試験期間中に気分が良くなることに役立ちます。
高脂肪、高糖度、高カフェインの食べ物や飲み物(コーラ、スイーツ、チョコレート、ハンバーガー、ポテトチップなど)を多く与えすぎると、子どもが過活動的で、イライラしたり、感情的になると感じている親もいることかと思います、

3. 睡眠は試験のパフォーマンスを向上させる

良い睡眠は子どもの思考と集中力を向上させます。ほとんどの十代は、夜8-10時間寝る必要があります。
子供が勉強の合間に30分程度、テレビの視聴、コンピュータの使用を許可し、それからよく眠れるようにベッドに行かせてください。
試験の前に一晩中徹底的に詰め込むのは、通常、間違いです。最後の最後にパニックになって詰め込んで勉強させる時間よりも、睡眠をとるほうがはるかに有益です。

4.試験時にフレキシブルになる

英国ファミリーライブスは、試験期間の前後に親がフレキシブルになるように助言しています。子どもが一日中復習をしているときには、やっていない家事やベッドルームが片付いていないとしても心配しないでください。親が落ち着いていることが助けとなります。試験は一生続くものではないことをくれぐれもお忘れなく。

5.子どもが復習するのを助ける

子どもが勉強しやすい場所で子供が復習できるようにしてあげてください。復習スケジュールを作るのを手伝ってあげたり、学校で作るように頼んでみる。

6.試験時の緊張について話し合う

緊張することは正常なことであることを子供に思い出させる。神経質となることは、試験に対する自然な反応です。
こうした神経を積極的な方向に活用することが鍵となります。自分が何をわかっているのかについて思い出させ、子どもが勉強に費やした時間は自信を与えるのに役立ちます。

7.試験時に運動をするよう促す

子どもがアクティブであることを確認してください。エクササイズは、エネルギーレベルを上げ、心を癒し、ストレスを和らげるのに役立ちます。ウォーキング、サイクリング、水泳、サッカー、ダンスはすべて効果的です。

8.試験時にさらに圧力を加えない

英国チャイルドラインという支援団体は、連絡を取った多くの子供たちが、試験時の最大の圧力は家族からのものだと感じています。
シニアスーパーバイザーのロザンヌ・ピアースは、「子どもたちに耳を傾け、サポートを行い、子どもを批判しないでうださい。」 と述べています。
子どもが試験に行く前に、安心させ、ポジティブにすること。試験に失敗しても世界の終わりではないと子どもがわかっていること、うまくいかず失敗したとしても再度試験は受けることができることを確認してください。
各試験の後、子どもがあなたと包み隠さず話すことを促してください。終わった後には変更できないことにこだわるよりも、次の試験に焦点を合わせるようにさせてください。

9.試験が終わったらもてなしてあげる

試験が終わったら、もてなしてお祝いをしてください。これは、次の試験のために本当の励みとなります。
ご褒美を賄賂として使わないでください。代わりに、小さなお菓子を用意して、子ども自身が自分の勉強への褒美として与えられるようにしてみてください。

関連記事一覧