鬱についての基礎知識~気分の低迷と鬱状態の違い~

症状

鬱とは

辛い出来事を経験することによって、人は意気消沈したり鬱状態になることがあります。
原因は人間関係、死別、不眠症、仕事のストレス、慢性の病気、疼痛など、様々です。
また、はっきりとした理由もなく気分が落ち込む、というのも起こり得ることです。

気分の低迷と鬱状態の違い

一般的に気分の低迷とは以下のものを意味します。
・悲しい気持ち
・不安やパニック
・疲労感
・低い自尊心
・苛立ち
・怒り
気分の低迷は、数日から数週間のうちに治ることが多いです。
生活上の小さなことを変えていくだけで気分は回復することが多いです。それは例えば、困難な状況を解決する、自分の抱えている問題について語る、或いは睡眠時間を増やす、等といったことです。
気分の低迷が続いている状態というのは鬱の前兆である可能性があります。
鬱病の症状は以下の通りです。
・気分の悪い状態が二週間以上続く
・人生の楽しさをまったく見出せない
・希望を持てない
・疲弊していて、活力を感じ得ない
・新聞を読む、テレビを見る、といった日常的なことに集中できない
・食べることで快楽を感じる、或いは食欲を失っている
・異常に睡眠時間が長い、或いは眠りにつけない
・自殺願望があったり、自傷行為に駆り立てられる
また、冬の季節(季節性情動障害、SAD)や出産後(産後鬱病)等の人生における特定の時期に鬱病が到来する可能性もあります。

助けを求める

理由の如何を問わず、ネガティブな気分が治らない、処理しきれない、生活に支障がある、などの場合は、変化やサポートが必要です。

ヘルプの概要

鬱病であると診断された場合は、利用可能な治療法(自助、言語療法、抗鬱薬等)を主治医・家庭医が一緒に考えてくれるでしょう。

自助

鬱病を患っている、或いは単純に一定期間気分が落ち込んでいる、という場合は、以下に示す自助法を試してみると良いでしょう。
生活を変化させること、例えば規則正しく安眠をとる、健康的な食事をとる、アルコール摂取量を減らす、定期的に運動をする、などをおこなうことで、生活を自身でコントロールできている、或いは上手くやっていけている、という感覚を得られます。
自助は、瞑想、呼吸訓練、問題を多角的に捉える訓練、といった活動を含みます。自助本やオンライン・カウンセリングといったツールも非常に効果的です。
主治医、家庭医により抗鬱薬を処方された場合は、それを服用し続けることが重要です。

言語療法

様々なタイプの言語療法が利用できます。どの言語療法が自分の状態に適しているかの判断は、主治医との相談の中で決めていきましょう。

抗鬱薬

抗鬱薬は鬱の対症療法としてひろく使用されています。多種にわたるので、どのタイプを処方してもらうかは主治医との相談の上で決まります。

関連記事一覧