家族計画:自然妊娠のための妊活とは

その他

妊活とは

自然な妊娠のための妊活(にんかつ)は、性交によって妊娠の可能性があるか否かを決定する助けとなる方法です。 月経周期の間、女性のからだには変化が起こります。これらを追跡することによって、妊娠を考えている夫婦が性交渉をいつ行うかを計画することができます。
月経周期の間に、女性の卵巣の1つが卵子を放出します。 この過程を排卵といいます。 卵子は、受精が起こる卵管を通して子宮に向かって動きます。未受精の卵は最大12時間生存することがあります。受精していない場合、卵子は後で月経中に体外に排出されます。 性交渉が排卵の直前または直後に行われた場合、女性は妊娠する可能性が最も高まります。

妊活はどのように機能しますか?

妊活には2つの方法が提唱されています。
一つめは、粘液法または排卵法です。 この方法は、排卵の直前および排卵直後の日数を、女性の子宮頸管粘液をチェックすることによって判断します。 女性が妊娠する可能性が最も高い場合、子宮頸管粘液は粘りがあり、透明で滑らかです。調理されていない卵白のようにもみえます。
二つめの方法は、徴候体温法と呼ばれます。 女性は毎日基礎体温計で体温を測定し、それをチャートに記録します。 排卵時は女性の体温がわずかに上昇します(約38℃)。 また、粘液法と同様に子宮頸管粘液の粘稠度(ねんたいど)をチェックします。 そのほかにも、卵巣の痛み、鼓脹、腰痛、乳房の過敏性などの変化に気づくかもしれません。
どちらの方法も、女性のからだの変化を追跡するためにグラフを使用します。

避妊効果はどれぐらいありますか?

これらの方法は、夫婦が専門家から訓練を受け、適切な指示のもとに行うならば避妊にも効果があります (自然な家族計画を教えるための専門家を探す方法は医師に相談してください)。正しく実践した場合、どちらの方法も90~98%の効果があります(100組のカップルで2~10回の妊娠)。 しかし、指示に完全に従わなかった場合、これらの効果はぐっと下がります。 実際に、これらの方法は、他のタイプの避妊薬ほど信頼性が高くない場合があります。
任活によって妊娠の確立はあがりますか?
生殖機能に問題のない3組のカップルのうち2組は、子宮頸管粘液の透明度と粘度が最も高い日に性交すると妊娠します。

リズム法はどうですか?

リズム法は、過去の月経周期のカレンダー計算に基づいています。 この方法は、一般的な月経周期の変化を考慮していません。 粘液法または徴候体温法よりも信頼性が低く、一般的に推奨されていません。 月経周期の長さに変化がない女性は、リズム法を使用して、排卵期(期間開始の14日前)を知ることができます。

不規則な周期がある場合や授乳中の女性はどうですか?

女性は月経周期が不規則(28日以上またはそれ以下)であることが一般的です。 不規則な月経周期を有する女性も、からだの変化をチェックすることによって排卵していることがわかります。
授乳中の母親のための特別な指示が作成されています。 授乳中の方は、医師にこれらを尋ねてください。

関連記事一覧