離婚したときに考慮しなければいけないこと~子どもについて~

その他

子供にとっての離婚

誰にとっても離婚は辛いです。しかし、両親が別れるのを見るのは子どもたちにとっては特に辛いです。自分が悪かったのだと思うかもしれません。自分が平和を作らなければならないと感じるかもしれません。あるいは、「正しい」言行をすれば、両親がまた戻ってくるという希望を持つかもしれません。 世界が永久に変化しているように感じるかもしれません。そして孤独になったように感じ、恐怖を覚えるかもしれません。
しかし、そうではありません。 最近ではすべての結婚の約半分は離婚で終わることを考えれば、子どもは孤独なんかではありません。 そして、子どもの両親であるあなたは、この変化による全員の苦痛と困難を少なくすることができます。
最初のステップは、何が起こっているかを伝えることです。 最初の話し合いのためにすべきこととすべきでないことは以下の通りです。
・オープンで正直になるようにしましょう。
別れや離婚を秘密にしてはいけません。 そうです、確かに難しい会話になります。 しかし、避けても事態を悪化させるだけです。 何を言うべきかできるだけ早く話し合うために、まもなく元配偶者となる人に会ってください。 離婚を冷静に落ち着いて伝えられるように、事前にリハーサルしてください。
・お子さんたちが何も間違っていないことを強調する。
夫婦の間の問題は、ただ夫婦の間だけのものです。お子さんが自分たちにとって最も重要なことであることを強調する。 そして、自分たちが以前と変わらずお子さんを愛していることも強調してください。 あなたと配偶者はもう一緒にいないかもしれませんが、二人は常にお子さんの両親です。
・質問には具体的に答える。
お子さんはおそらく新しい状況の変化を知りたいと思うでしょう: どこで私は暮らすの? お父さんはどこに住むの? 誰が私をサッカーの練習に連れて行ってくれるの? 今週の金曜日に友達の家に泊まりに行ってもいい?
・情報を共有し過ぎない 。
もちろん、オープンで正直であることは重要です。 しかし、お子さんは両親の関係のあらゆる詳細を知る必要はありません。 説明する時は、お子さんの年齢、成熟度、性格を念頭に置いてください。 お子さんが必要な情報だけを、できる限り与えてください。
・早まった決定をしない 。
できるかぎり、数週間遅らせて生活を変えましょう。そしてお子さんの習慣を可能な限り一貫して保つようにしてください。
・お互いのことについてけなさない 。
非難することを避け、お互いを尊重してください。 二人の間に良好な関係があれば、お子さんはより良く状況を受け入れるでしょう。

感情を分かち合う

お子さんはさまざまな反応を見せるでしょう。 何でも話していいと教えてあげてください。 お子さんは何を感じてもよいのです。 離婚は誰にとっても、あなたにとっても不安であることを認めてください。そしてお子さんに、自分の気持ちを隠さなければならないと感じさせてはいけません。
特定の感情を抱いてはいけないとお子さんに言わないでください。お子さんの感情が何であれ、それは自然であることを教えてあげてください。
悲しそうにするお子さんもいれば、怒るお子さんもいるかもしれません。 反応を見せるのは今かもしれないし、後かも、ほかの状況で見せるかもしれません。 お子さんの先生や学校のカウンセラーに何が起こっているのかを知らせて、変わったことがあったら気づけるようにしてください。
離婚のことを伝えても、お子さんは全く反応を見せないかもしれません。 それでも大丈夫です。 物事を理解するにはしばらく時間がかかるかもしれませんし、単に共有する準備ができていないのかもしれません。 お子さんが話したい時にいつでもそばにいてあげてください。

よりよい健康への道

お子さんは、あなたが元気だと分かるほど、元気になります。 そして、あなたも元気になるでしょう! 忙しくしてください。 新しいことに挑戦してみてください。 小さな飛行機からパラシュートをしてみる必要はありませんが、新しい趣味を試すことはできます。 または、好きだったけれど、する時間がなかったものを再開してみてください。
健康的な食事をして毎日運動するようにしてください。心に良い影響を与えることができます。 あなたが今必要とするサポートと快適さを得られる友人や家族とつながりましょう。 また、プライマリケアの医師、地域コミュニティセンター、礼拝場所、病院を通じて、正式なサポートグループを探すこともできます。

考慮すべき事項

難しい状況に陥ることもあります。 正しく対処してください。
元配偶者が面会に現れない場合。 元配偶者を非難したり、けなしたりしたくなる衝動に抵抗してください。 元配偶者はまだお子さんの親であり、お子さんは元配偶者を愛しています。しばらく待つことをお子さんに知らせてください(「10時までお父さんを待ちましょう、もしここに来なければ、公園に行きましょう」)。
あなたに新しいボーイフレンドまたはガールフレンドがいる場合。 離婚するには調整しなければならないことがたくさんあります。 まず、お子さんは、あなたと配偶者が離れて暮らすことに慣れなければなりませんでした。 今度は、あなたが新しいパートナーと一緒にいることに慣れる必要があります。 新しい生活をどう感じるかについて、お子さんと話し合ってください。 状況により簡単に対処できるようにするために何ができるかを考えてください。 お子さんとと一緒に過ごす時の習慣を保つようにしてください。 新しいパートナーがお子さんからあまり離れて時間を過ごさないようにしてください。
お子さんが他の親とより多く(または少なく)時間を過ごしたがる場合 。たとえあなたが親権を持っていても、お子さんは自分で自分のやりたいことをしたいと思うかもしれません。 お子さんの年齢によっては、柔軟な対応をしても大丈夫かもしれません。 しかし、どのような親権の取り決めであっても、お子さんは両親を見ていることを確認してください。

医者に受診するとき

お子さんは離婚によってあらゆる種類の感情を経験することになります。 極端に見える場合は、医師に相談してください。 また、これらの行動の変化に気をつけてください:
・おねしょまたは過度に親に甘える
・非常にふさぎこんでいる
・不安
・非常に怒る、または暴力的に怒る
・学校で問題を起こす
・友人関係に困難が生じている
・食事や睡眠のパターンの変化
・危険な行動(薬物やアルコールの使用など)
・反抗的行為
上記のいずれかが見られる場合は、主治医に相談してください。

医師に相談する質問

・子どもたちに離婚についてどのように教えればいいですか?
・子どもたちについて、どんな兆候が危険ですか?
・自分について、どんな兆候が危険ですか?
・子どもたちに引っ越さなければならないことをどのように伝えることができますか?
・子どもが離婚に対処するのを手助けする組織が地元にありますか?

関連記事一覧