妊娠検査について~若い女性たちへのアドバイス~

その他

妊娠検査について

妊娠検査は体内の妊娠ホルモンの存在を検出するものです。 このホルモンは、ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(HCG)と呼ばれています。 いつ妊娠検査を行うことができるか、陽性であれば何をすべきかについて理解を深めてください。
妊娠しているかどうかを確実に確かめる唯一の方法は、妊娠検査です。

妊娠検査を行う時期

ほとんどの自己妊娠検査は、次の生理期間が到来する予定日またはその日以降に行うことができます。 次の生理が到来する時期がわからない場合は、最後に安全でないセックスをしてから、少なくとも21日後に検査を行います。

生理の予定日前であっても、受胎後8日目からは、精密な妊娠検査では検査を行うことができます。

妊娠している場合、体内のヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(HCG)の量は、初期の数日および数週間で急速に上昇します。自宅でできる簡易の妊娠検査では、これを尿から検出することができます。

次のような症状がある場合、妊娠している可能性があります。
乳房の拡大またはチクチクした痛み
悪心(気分が悪い)
倒れそうになる
口の中で金属のような味がする
生理が始まるような気がする
しかし、すべての女性がこれらの症状があるわけではありません。

ピルを飲んでいても妊娠検査をする

妊娠している可能性があると思われる場合は、どんな避妊方法を使ったかにかかわらず、妊娠検査を受けてください。
ホルモン避妊薬は、ホルモンのバランスを変えることで避妊を可能にするもので、例えば、ピル、プロゲストゲンオンリーのピル、インプラント、注射などです。これらのホルモン療法を行っていたとしても、妊娠検査の結果には影響しません。
ホルモン避妊薬を使用している場合は、妊娠検査を受けることができます。結果は依然として信頼性があります。検査が陽性であれば、これは妊娠していることを意味します。

妊娠検査とはどのようなものですか?

ほとんどの妊娠検査は、1本または2本の長い棒を含む小さな箱に入っています。 棒に尿をかけると、数分後に棒に結果が表示されます。 すべての検査は若干異なりますので、必ず指示をお読みください。

妊娠検査結果が陰性の場合

妊娠検査で陰性(妊娠していない)の結果が得られても妊娠する可能性があると思われる場合は、さらに3日間待ってみて、もう一度検査を行ってみてください。 検査をした時期が早すぎた場合があります。 2回目のテスト後に陰性の結果が出ても、生理が始まっていない場合、かかりつけ医に相談してみてください。
妊娠していない場合でも、良い機会なので避妊の選択肢についてアドバイスを受け、合った方法を見つけましょう。かかりつけ医、産婦人科、性感染症または泌尿器科クリニックで相談してみてください。

妊娠検査結果が陽性の場合

検査が陽性であれば、妊娠しています。 かかりつけ医、産婦人科の医師と選択について相談をする必要があります。
妊娠を継続することに決めた場合は、妊産婦ケアを開始する必要があるので、産婦人科で診察を受けてみてください。
中絶をする場合は、できるだけ早く行うことが最も安全です。 ほとんどの中絶は、妊娠13週間前に行われます。
また、ボーイフレンド、友人、親など、信頼する人に相談することもできます。 または、次の組織を通じてオプションに関する詳細を知ることができます。

関連記事一覧