食事や生活改善のために日誌をつける目的

症状

なぜ食事や活動の日誌をつけるのですか?

健康的な生活を送るために永続的な変化をもたらしてくれる重要な要素は、意識改善です。日誌をつけることは、あなたが食べるものとその量、何をするか、どのように感じるか、どんな習慣があるかを知るための良い方法です。

日誌のヒント

・日誌は毎日欠かさずつけ、一日のうちに学んだことを振り返る。
・習慣や癖などを把握するために、食事をした時間や活動していた時間などを書き留める。
・いつも日誌を携帯する。忘れないうちに書き留めておくことができる。
・日誌を忘れた場合は、メモをしておいて後で追加する。

前進するために振り返る

日誌に書き留めたことを毎日見て、あなたの日常生活の中で、健康面を改善するために始められそうな小さな努力を探してください。 あなたが新たに見つけたものがどれほど価値があるかを知って驚くかもしれません。

すべてを記録してください

・目を覚ましてから寝るまで、毎日飲むものを書き留める。
・あなたが一日に食べた量を書き留めるようにする。 わからない場合は、だいたいの量を推測する。 これは、あなたが毎日どのくらい食べるかを知るのに役立つ。
・あなたが行った選択について、それぞれの理由を知るために、症状、思考、感情をそれぞれ記録する。
・あなたが食べたい理由(空腹感、気分、日常生活など)を理解するには、「自分は本当に空腹だろうか?」と自問し、日誌に書き留める。

運動もうまくこなすようにしましょう

・毎日の運動を書き留める。行った運動の種類や、それをやり遂げた時間(30分のランニングやウォーキングなど)を記録する。
・家事や犬の散歩など、毎日の活動を必ず記入する。

その日の自分を全て記録しましょう

・自分と向き合うために必要と思われる全ての感情やその日の気分を書き留める。
・趣味の時間や他の人と過ごす時間も記録する。

思考の糧になります

・毎日、気になることを書き留める。目標、洞察、質問など。
・次回の診察で主治医と話したいことや心配事を記入する。

減量中か、単に健康を改善しようとしているのかにかかわらず、毎日の選択が生活を少しずつ変えてくれます。

・食事と活動の日誌の例をダウンロードしてください。 (PDFファイル:1ページ/ 616 KB)
・空欄になっている5日間の食事と活動の日誌をダウンロードしてください。(PDFファイル:5ページ/ 612 KB)

関連記事一覧