抗酸化物質を摂取するときにおすすめの食品とは

その他

抗酸化物質とは?

体内の細胞は毎日酸素にふれています。 酸素は健康にとって重要ですが、ふれるうちに酸化も起こります。 酸化によって体内の化学物質は変化し、フリーラジカルとなります。 日光、タバコの煙、アルコールや汚染物質にふれることでもフリーラジカルは生成されます。
時間の経過とともに、フリーラジカルは体内の重要な化学物質、DNA、細胞の一部を損傷させる連鎖反応を引き起こす可能性があります。研究者たちは、このフリーラジカルが老化だけでなく、がん、糖尿病、心臓病などの病気に関連する可能性があると考えています。
抗酸化物質は、フリーラジカルによって引き起こされる損傷を停止または制限する可能性がある天然物質です。抗酸化物質によってフリーラジカルが安定し、ほかの細胞に損傷を与えないようにします。

抗酸化物質はどこにありますか?

正常な身体機能に基づいて、抗酸化物質は一定量産生されますが、健康的な食生活を通じて得ることもできます。 抗酸化食品には、ビタミンA、C、E、ベータカロチン、ルテイン、リコペン、セレンなどの栄養素が高い果物や野菜が含まれます。
一部では抗酸化サプリメントを服用する人もいますが、あなたも検討している場合は医師に相談してください。 多くのサプリメントには、ビタミン、ミネラル、酵素がバランス良く含まれておらず、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

抗酸化物質をとるには、どんな食べ物がお勧めですか?

カラフルな果物や野菜、その他に全粒粉、種子、ナッツなど抗酸化物質が豊富な食品を混ぜ合わせた健康的な食事をすることで、最も多く抗酸化物質を得られます。
ビタミンEとベータカロチンが豊富な食品は非常に健康的で、癌のリスク軽減に有効ですが、喫煙者の場合は、肺がんのリスクを高める可能性があるるため、サプリメントのベータカロチンは摂取しないでください。
また、マルチビタミンサプリメントを服用する場合も注意が必要です。ビタミンEやA、セレンなどの食品よりサプリメントの栄養素が多すぎると、害を及ぼすことがあります。服用前に必ず医師に相談してください。
ビタミンA:牛乳、肝臓、バター、卵。
ビタミンC:ほとんどの果物や野菜。最も含有量が多いのは、パパイヤ、イチゴ、オレンジ、メタルワープ、キウイ、ピーマン、ブロッコリー、ブリュッセルシュート、トマト、カリフラワー、ケール。
ビタミンE:アーモンド、ヒマワリの種、ヘーゼルナッツ、ピーナッツなどのナッツや種子。 ホウレンソウやケールなど緑色の葉っぱの野菜や、大豆、ヒマワリ、トウモロコシやキャノーラ油などの油にも含まれる。
ベータカロチン:ニンジン、エンドウマメ、カンタロープ、アプリコット、パパイヤ、マンゴー、モモ、カボチャ、アプリコット、ブロッコリー、サツマイモおよびスカッシュなどの、カラフルな果物や野菜。 ビートグリーン、ホウレンソウ、ケールなど、いくつかの緑豊かな野菜にも含まれる。
ルテイン:ほうれん草、コラール、ケール、ブロッコリー、トウモロコシ、エンドウ豆、パパイヤ、オレンジなどの緑色の葉っぱの野菜に含まれる。
リコペン:ピンクグレープフルーツ、スイカ、アプリコット、トマトなどのピンクと赤の果物や野菜。
セレン:穀類(トウモロコシ、小麦および米)、ナッツ、マメ科植物、動物製品(牛肉、魚、七面鳥、鶏肉、卵、チーズ)、パンやパスタ。

関連記事一覧