子どもが健康的でいるために必要な習慣を伝える

症状

健康的な習慣

あなたは親として、子どもに健康的な生活方法を教える責任があります。 若い頃の不健全な生活が生涯の悪い習慣になる前に教えるべきことです。
健康的な習慣を伝えるには、あなたが実践してみせることが重要です。何をすべきかを伝えるだけでなく、健康的な行動をみせることで効果があります。

貧しい栄養と身体活動の欠如

多くの高脂肪、糖分過多の食品を食べ、運動時間が少ないと、小児期から肥満になり、癌、心臓病、高血圧、糖尿病などの体重関連疾患につながります。
*あなたにできること
・購入する食品に注意を払い、ジャンクフードの量を制限する。 新鮮な果物や野菜をたくさん食べさせる。低脂肪の食品でも、 砂糖などの不要な成分が含まれていないか注意する
・様々な健康的な食事をつくり、適量を食べさせる
・糖分の多い飲み物(フルーツジュース、エネルギードリンク、甘いアイスティーなど)の代わりに、たくさんの水やミルクを飲むよう勧める
・テレビ・パソコン・ゲームを一日最大2時間に制限し、スポーツを奨励する
・テレビの前ではなく、テーブルの上で食事や軽食を家族で一緒に食べる。
・家族の習慣の一部に運動を取り入れる(散歩やプール、サイクリングなど)
・課外活動に参加するよう奨励する。 ただし、チームスポーツや武道は子どもの成長と自尊心を高めるのに役立つが、体重を減らすのに十分な有酸素運動ではないので、その他の運動も提案する

タバコ・アルコール・その他の薬

子どもは若いうちから薬物に興味を持つかもしれませんが、タバコ、飲酒、薬物の危険性について子どもに話すと、それらを避けるようになる可能性が高いという研究があります。
*あなたにできること
・喫煙、飲酒、薬物使用は禁じられたことだとはっきり伝える
・これらがなぜ有害か説明し、質問してもらうようにする。統計だけでなく、実際に使用した人がどうなったのか実例をあげることで、子どもの注意をより効果的に引き寄せる
・仲間の圧力について話す。 ロールプレイングすることで、タバコ、無煙タバコ、酒、薬物を差し出されたときに、子どもが断る準備をすることができる
・子どもの友人とその両親を把握する。どこに行き、何をやっているのか、誰がそこにいるのか、いつ戻ってくるのか、どのように帰ってくるのか常に尋ね、あなたの家でのルールを、ほかの親にも知らせる
・良い手本を見せる。あなたの行動があなたの子どもにどう影響するか、注意する。例えば、喫煙しているのを見ると、喫煙してもよいというメッセージで受け取る可能性がある

危険な性行為

毎年、10代で妊娠したり、性感染症(STI)を発症する子がいます。恥ずかしいかもしれませんが、性に奔放すぎることでのリスクと責任について子どもに伝える必要があります。学校での性教育には頼らないでください。親には、子どもが愛や尊さの観点から性を理解できるようサポートし、妊娠や病気から子どもを守る重要な役目があります。
*あなたにできること
・年齢に合った情報を提供する。小さな子どもの場合は、セックスに関する質問に回答し、一定年齢以上の子どもにはSTIや性に奔放な場合のリスクと、リスクを最小限に抑える方法を伝える。子どもが性に興味がなさそうでも、話すことが重要
・セックスに関して、家族としての価値観、意見、期待を子どもに正直に話す。何を話すかについて、医師に相談してみるのもよい
・学校、テレビ、または映画で受ける性的なメッセージについて考え、話し合い、質問を促す
・心を開く。 子どもがあなたの反応を恐れていたり、信頼が持てなかったり、性に関する問題を心配している場合は、あなたと話す可能性が低くなる

関連記事一覧