健康的なお弁当にするためのアイディアとは

その他

健康的なお弁当とは

学校給食は子供のための素晴らしい選択の一つですが、給食ではなくお弁当を選択した場合に健康的なお弁当を準備するためのアドバイスをここで紹介します。

子どものためのお弁当を準備する

より健康的な弁当は、以下のようなものであるべです。
デンプン質の炭水化物(パン、ジャガイモ、米、パスタ)を主食とする
新鮮な果物や野菜・サラダを含む
豆類、卵、魚、肉、チーズ(または乳製品代替物)などのタンパク質の供給源となるもの
低脂肪・低糖度ヨーグルト(又は乳製品代替品)、ティーケーキ(茶菓子)、果物入りのパン、米やトウモロコシのケーキ、自家製のプレーンポップコーン、シュガーフリーゼリー
水、スキムミルクまたはセミスキムミルク、無糖または砂糖無添加飲料などの飲料

健康的な休憩時間の軽食

子どもたちは指で食べられる食べ物が好きだと思われますので、ニンジンやパプリカのような生の野菜を切り、野菜をディップするためにハマスやコテージチーズを添えます。
子どもが簡単に食べられるために、カットしたリンゴ、みかん、イチゴ、ブルーベリー、半分に切ったブドウやメロンスライスを入れてみてください。茶色にならないように、絞ったレモン汁を加えてください。
スティックパンと全粒クラッカーは最適な軽食です。低脂肪のチーズを塗ってみてください。
麦芽入りのケーキ、チョコレート、シリアルバーやビスケット、ティーケーキ、フルーツパンまたはフルーツなどもよいでしょう。フルーツは新鮮なものや缶詰のものでよいでしょう(シロップに入っているものではなく、果汁につけてあるものにする)。
ドライフルーツは、砂糖が多く含まれ、歯に悪いことがあるため、間食としてはお勧めできませんが、食事の一部として食べるのであれば問題ありません。

お弁当を健康的にするには

子どもが健康的なお弁当に慣れるまでには時間がかかるかもしれませんが、それでも続けてみてください。ここにアドバイスを何点か挙げます。
子どもたちが、お弁当箱に入れるものを自分で準備し、何を入れたいのか選択させるようにします。子どもが自分で準備したのであれば、お弁当を食べる気がおきることでしょう。
家族の食事に果物と野菜をもっと取り入れればよいのか考えて見ましょう。
スーパーマーケットの食品ラベルを読んで、子供の昼食や家族の食事のために健康的な食品を購入するようにしてください。

あなたの家族の食生活にもっと多くの果物や野菜を紹介する方法についてのアイデアを入手してください。

関連記事一覧