子どもと一緒に運動するための10の方法

その他

子供の運動とは

運動は、子どもの骨を丈夫にし、健康な体重を維持し、身の回りのことを探検しやすくなります。何より、運動は楽しいです。
子どもは少なくとも1日あたり1時間、運動するのが理想的です。子どもが元気に運動しているのを励ましてあげたり、家族で一緒に運動したりすることで、運動を促すことができます。公園の周りを走ったり、運動場で遊んだりするのが好きな子どもは多いです。
幼児期の運動が重要な理由の1つに、子どもが健康な体重を維持するのに役立つから、ということが挙げられます。でも、それだけではありません。運動は、子どもが世界や自分自身を知る方法のひとつです。健康な筋肉や骨を作るのに役立つだけでなく、自信を向上させることもできます。
ブリストル大学の運動および健康科学の教授であるケン・フォックスは、家族全員で取り組む運動を楽しむためのコツを10個提案しています。

子どものための10の運動ヒント

1.できるだけ頻繁に、学校までの行き帰りを子どもと一緒に歩く
2.休みの日に隠れ家やツリーハウスを建てる。または、親の監督の下で木登りをさせる
3.屋内または屋外でローラースケート、ローラーブレードまたはスケートボードをする。冬は、アイススケートに行く。子どもはキックスクーターも好きです
4.アマチュアマラソンやチャリティウォークなどに一緒に挑戦する
5.犬と一緒に散歩に行く。犬がいない場合は、近所の人や友人の犬を借りて歩いてみる
6.スポーツ、クラブ、または興味のある運動でサポートする。週末のクラブスポーツに参加すれば、チームへの忠誠と定期的な運動が保証される
7.週末、子供たちと運動する時間を作る。公園でフリスビーやサッカーをしたり、トランポリンに行ったり、屋内でロッククライミングをしたりしてみる
8.凧を飛ばす。英国カイト協会は定期的に特別な凧を飛ばす日を設けており、その日は経験豊富なメンバーがアドバイスやサポートをしています。また、凧作りのワークショップもあります。
9.休日にビーチで過ごしてみる。ビーチに着くと、子どもはゲームや水泳、あるいは走り回るといった運動ができることに気づきます。または、休日を運動する日にしてみてください。
10. National Parksのウェブサイトには、ガイド付きの散歩や子どもが楽しめるイベントの一覧があり、外で元気欲過ごすための新しいアイデアが載っています。

関連記事一覧