健康を保つために行うべきこと~大人のダウン症~

症状

医師による定期的な診察が必要ですか?

ダウン症の成人は定期的な治療を必要とします。 場合によっては、ダウン症の成人、兄弟または姉妹がいる方もいるかもしれません。 その場合には、ダウン症のない成人と同じ予防ケアが必要です。 また、ダウン症への一般的な特別治療が適用される症状について、検査の手助けをしてあげてください。 例えば、医師による甲状腺疾患、関節炎、視覚、聴覚、頚椎の症状の検査が必要となります。

近親者がダウン症である場合、自立の手助けはできますか?

少し計画を設計すれば、その人の生活はより自立したものになります。 一般的な計画には次のものが含まれます:
・団体住宅、監督下にある独立住宅または家族所有の独立住宅などの住宅オプション。 その人があなたから独立して生活するための計画を練るのは良いことです。
・ジョブコーチの有無にかかわらず、保護下にあるワークショップ、サポート下の雇用、正規雇用などの仕事のオプション。 雇用および社会活動によって人生の意義を増し、その人の責任ある自立を促すことが可能となります。
・大人用デイケア、スペシャルオリンピックス、運動、趣味、興味を伴ったその他の活動などのレクリエーションオプション。
・その人専用の不動産計画や、高等教育、自己啓発の訓練。

ダウン症で年をとった親戚に新しい症状が現れはじめています。 もしかしてアルツハイマー病ですか?

アルツハイマー病(認知症の一種)に類似した症状は、ダウン症患者には比較的早い年齢(通常30歳代)で現れます。 これらの症状には、記憶喪失および人格変化も含まれます。 見られた変化が認知症に起因するものであるとすぐには仮定しないでください。 行動の変化には別の理由があるかもしれません。
(行動の変化:考えられる原因)
独り言:ストレスに起因。ある程度の独り言であれば正常です。
引きこもり:うつ病、ストレス、医療問題に起因。
攻撃的になる:うつ病、ストレス、医療問題に起因。

関連記事一覧