歯科検診はどの程度の頻度で受けるべきか

その他

歯科検診とは

6か月ごとに歯科検診を受けなければならないと考えるかもしれませんが、頻繁に行く必要がない人や頻繁に検診を受ける必要がある人もいます。

歯科医は、口腔健康の状態によって次の検診を受けるべき時を提案します。

診察の間隔は、歯や歯茎の健康状態や将来の問題のリスクに応じて、3ヶ月から2年までさまざまです。

なぜ歯科検診が必要なのですか?

診察で歯科医が歯の問題があるかどうかを確認し、口の健康を保つのに役立ちます。 問題を未治療のまま放置すると、将来治療するのが難しくなる可能性があるため、早期に問題を対処するか、可能であれば問題を完全に予防することが最善です。

歯科検診ではどのようなことをしますか?

診察時に、歯科医は次のことをするべきです。
・歯、歯茎および口を見る
・口腔健康と、最後の訪問以来、歯、口、歯茎に問題があったか尋ねる
・食事、喫煙とアルコールの摂取量、歯磨きの習慣に関するアドバイスをする
・次の訪問日について話す

どのくらいの頻度で歯科検診を受けるべきですか?

診察後、歯科医は次の訪問日を提案します。 次の検診までの時間は、3ヶ月、または2年です。(18歳未満の場合は最大1年)。

一般に、歯の問題のリスクが低いほど、次回の診察までの期間が長くなります。口腔衛生の良い人は12〜24ヶ月に1度だけで問題ありませんが、問題のある人は頻繁に検診が必要になります。

歯科治療についてはどうですか?

このアドバイスは定期的な診察についてのみです。歯が抜けたり緊急の治療が必要なときは、予約をしてください。詰め物、歯の掃除(スケールと磨き)などをします。

次の検診までに問題が生じた際は、歯科医に連絡して早めに予約をとってください。通常の勤務時間外の緊急時には、通常の番号で医者に連絡をとってください。緊急時の歯科治療へのアクセス方法が教えられます。

関連記事一覧