HIV感染:医療従事者へのアドバイス

症状

HIVはどのように感染しますか?

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染した人の血液、精液、膣分泌物、嘔吐、母乳または膿はHIVを含み、感染を引き起こす可能性があります。誤って針を刺してしまう穿刺 からの感染は1%未満、切傷への接触による感染は、 0.1%、咬傷による感染リスクは、0.1%〜1%です。
涙、唾液、汗、尿などの体液には、ウイルスは、ほとんど、またはまったく含まれておらず、血液に混入しない限り、HIVは感染しません。

感染の恐れを感じたら、どうすればいいですか?

皮膚の穿刺が発生した場合、石鹸と水で洗い流すとき、圧力をかけて穿刺部位の出血を誘発します。皮膚や粘膜に体液が飛散した場合は、水ですみやかにすすいでください。
感染源の人(患者または患者の主治医)の名前、住所、電話番号を把握します。 患者のHIV感染状況がわからない場合、主治医に相談してください。 また、上司や責任者に知らせてください。 どのように、なぜ、曝露(感染すること)が起こったかの説明は後回しにし、時間を費やしてはいけません。

まず医療を受ける必要はありますか?

即座に、医師または救急医の診療を受けます。 抗HIV薬が必要な場合は、できるだけ早く処置し、 皮膚の穿刺または切断をしている場合、傷害に応じて、破傷風トキソイドブースターが処置されることがあります。 医師は、必要に応じて、事件・事件や詳細について質問し、どのような治療が必要か判断します。

どのような詳細の説明が必要ですか?

穿刺傷害の場合

深いか、浅い穿刺か? 穿刺が針によって引き起こされた場合、針はどのような針か? 針やメスの表面に血液や血まみれの物体を見たか? 針やメスは、以前に患者の体液と接触していたか? 血液が注射されたとして、量はどれくらいか? 保護手袋を着ていたか?

皮膚または粘膜への飛散の場合

血液や他の体液にさらされたか? さらされた場合、どのくらい? 体のどの部分か? 接触面の大きさはどれくらいか? 接触時間の長さは? 肌に痛みは? 触れたのは、発疹か咬み傷か?手袋、眼鏡など保護具をしていたか?

医師は感染源の人について何を知る必要がありますか?

感染源のHIV感染状況

HIV検査を受けていなければ、陽性の可能性があります(「窓」期間にいる可能性)。 感染源の人がHIV感染の検査または再検査に同意するか?感染源の人がHIV陽性であれば、エイズがあるか? 感染源の人は抗HIV療法を受けているか?その場合、どんな薬を飲んでいるか?血液や体液に多量のウイルスが含まれているか?などを調べます。

感染源の人がHIV検査に同意しない場合、高リスクのHIVグループに入るかどうか?

感染源の人は、静脈内の薬物使用者か?薬物使用の性パートナー、両性愛者、同性愛者、または複数の性パートナーを持つか? 1980年から1985年の間に輸血を受けたか? 最近、輸血を受けたか?などの点から考えます。

医師に自分自身について何を話す必要がありますか?

病状、薬、アレルギーに関する情報

以前にHIVに曝露したことがあるか? もしあれば、いつか? どうやって曝露したか? 妊娠しているか? 授乳中か? 活発な性行為があるか?

検査に同意するかどうか

医療現場での曝露によるまれなHIV感染の場合に行う機密検査に同意するか?

曝露後のHIV予防を受けるべきですか?

上記の質問に対する回答に基づき、医師はHIV発症のリスクを減らすために投薬したり、肝炎や梅毒から守るための投薬をすることもあります。 特に骨髄、肝臓および腎臓機能の判断には、血液検査が必要になります。

予防的治療は効果がありますか?

早期曝露後予防は、HIV感染のリスクを約10倍減少させることができます。 感染が起こったとしても、ウイルスの早期抑制で、HIV疾患の進行を大幅に遅らせることができます。

治療は副作用がありますか?

薬の中には副作用を引き起こすものもあり、 例えば、ジドブジンは、頭痛、疲労、不眠症および下痢、腹部不快感)を引き起こす可能性があります。 ラミブジンは、膵炎や胃腸症状を引き起こす可能性、インジナビルおよびサキナビルは、胃腸障害および下痢の可能性があります。 インジナビルはまた、腎臓結石とも関連しています。危険性を減らすためには、毎日、水を2リットル以上飲む必要があります。

他の人をHIV曝露から守るにはどうすればいいですか?

HIV感染の恐れが除外されるまで、性行為を避け、妊娠を延期し、血液や器官の提供は控えてください。授乳中の場合、ミルク授乳に切り替えたほうがいい場合もあります。

いつHIV検査を受けるべきですか?

HIV検査は、6週間後、3ヶ月後、6ヶ月後に繰り返し受けます。 3ヶ月後の検査で陰性が判明すれば、、感染していないことが確認されていますが、6ヶ月後の再検査が推奨されています。 6ヶ月の間にHIVに対する抗体ができていなければ、感染は起こらないからです。 検査の間に急性の病気があれば報告し、診断を受けてください。 特に発熱、発疹または腫れたリンパ節を伴う急性疾患は、HIV感染または他の病状の徴候となり得ます。

自分の気持ちとどう向き合いますか?

HIVへの職業曝露の後、怒り、恐怖、うつを感じるのは当然です。従業員支援プログラムやメンタルヘルスの専門家のサポートを仰いでください。

関連記事一覧